さまざまな「入れ歯」をご紹介します

入れ歯

当院の入れ歯への取り組み

歯のない場所に短期間で噛む機能を与えられる入れ歯。歯を失った方に最初によくすすめられていますが、必ずしも歯を補う目的だけですすめているのではありません。噛みあわせは日々症状もなく変化しています。歯や顎に痛みや違和感などの症状が出てくるときには、噛みあわせがくるっていることがほとんどです。当院では、歯を補ったり噛み合わせを回復したりできる入れ歯を、患者様のご要望に合わせ保険・自費問わずご提供しています。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯

健康な残歯にバネをかけ、歯を失った部分を補います。失った部分が大きく、ブリッジをかけられない、また周りの歯が虫歯や歯周病によって弱っている場合などに使用します。

総入れ歯

総入れ歯

歯肉の上に入れ歯を置く形で使用します。歯肉の形や吸盤の原理を利用することによって、入れ歯を支えます。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

歯科治療と同様に、入れ歯にも保険適用のものと保険適用外(自費)のものがあります。自費と聞くと、「高い」というイメージを抱き、敬遠してしまう方は少なくありませんが、違いは単に費用の問題だけではありません。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
見た目 用いる素材が限られ、天然歯との差が目立ちやすくなります。 天然歯に近い色の素材で作ることが可能なため、自然な仕上がりです。
噛み心地 樹脂性のため厚みがあり、熱伝導率が低くなるため食事の温度や味覚が感じにくくなります。 素材に金属を選べ、薄く作ることが可能。温度や味覚が伝わりやすく、食事がおいしく食べられます。
装着感 装着時に違和感があり、また笑った時などに見えてしまうことがあります。 外から見えにくい装置が選べ、入れ歯だとわかりにくいものが作れます。

自費の入れ歯

自費の入れ歯では、使用する素材や治療法の選択肢が増えるため、患者様一人ひとりに最適な入れ歯を選ぶことができます。また、見た目や噛み心地、装着時が自然なため、長期間での使用が可能です。

以下で、当院でおすすめする代表的な入れ歯をご紹介します。

金属床

入れ歯の床部分が金属でできた入れ歯です。

金属床
  • 金属ならではの強度が特徴

⇒床部分を薄く作れるため、違和感を軽減できる(レジン床:2~3mm 金属床:0.5mm)
⇒たわみがなく、バネをかける健康な歯に負担をかけにくい
⇒バネを細くしたり、さまざまな形にしたりすることができ、目立たない構造にできる

  • 熱伝導率が高く、食事の温度を感じやすくなる

金属床では、金属の種類を選ぶことができます。

コバルトクロム合金 金属床に最も多く用いられる、一般的な金属。飛行機のエンジン部分に使われるほどの耐久性に、しなやかさを併せ持ち、精度の高い入れ歯を作ることができます。
チタン合金 人工関節やインプラントにも使用される、生体親和性にすぐれた体に優しい金属。軽い素材のため、使用感も抜群。強度だけでなく腐食しにくいという特徴を持ち、衛生的かつ金属アレルギーの方にもおすすめの素材です。

マグネットデンチャー

残っている自分の歯と入れ歯の内側に、超小型の磁石を取りつけ、磁力により固定する入れ歯です。

マグネットデンチャー
  • 強力な磁石の力で、入れ歯が外れ落ちることがない
  • 残歯にかけるバネなどの装着がなく、目立たない
  • シンプルな構造で食べカスがつまりにくく、お手入れも簡単

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定するためのバネ(クラスプ)がない入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー
  • 金属のバネがなくスッキリ

⇒自然な見た目で審美性にすぐれている
⇒バネをかけるために健康な歯を削る必要がない
⇒金属アレルギーの心配がない

  • 弾性と強度にすぐれた素材を使用でき、薄く作ることが可能なうえ、軽くて丈夫
  • 入れ歯が初めての方にも慣れやすいすぐれたフィット感
通常の部分入れ歯(バネあり)装着時 ノンクラスプデンチャー装着時
通常の部分入れ歯(バネあり)装着時 ノンクラスプデンチャー装着時

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯 金額
コバルトクロム金属床 片顎 ¥150,000~
コバルトクロム金属床 全顎 ¥250,000~
チタン金属床 片顎 ¥200,000~
チタン金属床 全顎 ¥300,000~
磁性アタッチメント 1歯につき ¥60,000
ノンクラスプデンチャー ¥100,000~

※価格は税込み