虫歯・歯周病の予防は、「歯のプロ」におまかせください

予防歯科

虫歯で悩む人をなくしたい

虫歯で悩む人をなくしたい

風邪をひいたら内科へ、ケガをしたら外科へ……それと同じように、「虫歯になったから歯科へ」と思っている方は非常に多いもの。しかし、発症後に治療を繰り返していては、歯を削る量が多くなるのはもちろん、いつしか大切な歯を失うことにもつながります。

長く自分の歯を維持するためには、予防が重要。予防に取り組むことで、虫歯などの病気の発症率が下がるだけでなく、結果としてトータルの治療費を下げることにつながります(3~6ヶ月に一度予防処置を受ける費用は、虫歯になってから数ヶ月にわたり治療に通う費用とは比べものになりません)。治療ではなく予防のために、歯科医院へ通いましょう。

予防歯科でできること

虫歯や歯周病の発症を防ぐために、予防歯科でできることはさまざま。以下に予防歯科で行っている代表的な予防処置をご紹介します。定期的に行うだけで、患者様のお口の健康が保たれる確率はかなり上がります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯になる人は、自己流のブラッシングが十分でないケースが非常に多いのが現実です。毎日ブラッシングしていても、その方法が間違っていては、どうにもならないのです。当院では、歯科衛生士による正しいブラッシング指導を行っております。

PMTC

PMTC

ご自宅でのブラッシングだけでは、どうしても歯の汚れは残ってしまいます。汚れの完全除去におすすめなのが、歯科医や歯科衛生士が専門の器具を使って徹底的に歯をクリーニングする「PMTC」です。歯にこびりついたプラークや歯石がしっかり除去できるうえに、フッ素塗布により歯質を強化でき、虫歯や歯周病を予防できます。

シーラント

シーラント

乳歯から永久歯に生え替わったばかりの奥歯に施す処置です。この時期の臼歯は溝が深いため、汚れがたまりやすいのに加え、ブラッシングもしにくく、虫歯になりやすい条件がそろっています。その溝にあらかじめ歯科用プラスチック樹脂を詰めることで、そのリスクを軽減して虫歯を予防します。

担当衛生士制のご要望にも対応します

担当衛生士制のご要望にも対応します

当院では、患者様データをスタッフの誰もが把握できるシステムをとっているので、基本的に担当衛生士制をとっておりませんが、「毎回同じ衛生士さんにケアしてもらうと安心する」といった患者様には担当衛生士制を採用しております。どうぞお気軽にお申し出ください。

予防を怠ると…歯周病の脅威

予防を怠ると…歯周病の脅威

予防歯科の意識がまだ低い日本では、世界的に見ても虫歯、歯周病の発症率が非常に高くなっています。お年寄りの天然歯の残存率も、残念ながら日本は低く、「入れ歯大国」とも呼ばれているほどです。

なかでも特に歯周病は、成人が歯を失う最も大きな原因とされています。歯周病とは、悪化すると歯を支える顎の骨が溶かされ、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。予防を怠ると、大切な天然歯を失ってしまうことになるのです。

歯周病の段階と治療法

段階 症状 治療法
軽度歯周炎
軽度歯周炎
歯周ポケットの深さは2~3mm。プラークや歯石がたまり、赤い腫れや出血などの炎症があらわれます。 [スケーリング]
「スケーラー」という器具を使うプラーク、歯石の除去 [ルートプレーニング] スケーリングで届かない部分のプラーク、歯石の除去と、歯面の磨き上げ [PMTC]
中度歯周炎
中度歯周炎
歯周ポケットの深さは4~6mm。プラークや歯石が歯の根の部分にまで付着し、炎症が悪化。歯肉が腫れ、出血します。また、歯を支える顎の骨が溶け出し、歯がグラグラし始めます。 スケーリングやルートプレーニングでプラークや歯石を徹底除去(プラークコントロール)。症状が重く、ルートプレーニングで改善しない部位は、歯周外科手術へ移行する場合もあります。
重度歯周炎
重度歯周炎
歯周ポケットの深さは6~8mm。大量のプラークや歯石が、歯の表面や根の部分に付着し、歯肉からの出血も多く、症状により膿が出て口臭がします。歯の揺れも顕著になり、硬いものを噛んだ時の痛みがひどくなります。 歯を保存できるようであれば歯周外科手術や再生療法を行いますが、残念ながら抜歯となる場合もあります。

治療の痛みを軽減します~半導体レーザー「ezlase」~

治療の痛みを軽減します~半導体レーザー「ezlase」~

当院で導入している半導体レーザー「ezlase(940mm)」は、コンパクトながら非常に高性能であり、侵襲の少ない外科処置や歯周、根管治療など、さまざまな歯科治療に使用しています。

歯周病治療においては、レーザーによって歯周病菌を減退させることで、出血や痛みを止めたり、レーザーメスとして膿を排出させたりします。